健康生活を始めたい人にオススメ!青汁で手軽に栄養補給

青汁の原料

男女

青汁には大きく分けて2種類の野菜が使われています。「緑黄色野菜」と「淡色野菜」です。緑黄色野菜とは、人参やカボチャ、ほうれん草のように見た目の色の濃い野菜のことをいいます。淡色野菜に比べてカロテンが多く含まれています。基本的に可食部100gの中にカロテンが600μg以上含まれているものが緑黄色野菜となります。次に青汁に含まれる淡色野菜ですが、緑黄色野菜に比べ色が薄い野菜です。ビタミンの豊富な緑黄色野菜に比べてあまり注目されないのですが、淡色野菜も大切な栄養がたっぷり含まれています。緑黄色野菜がカロテンが600μg以上含まれているものですが、淡色野菜はカロテンが600μg以下のものになります。淡色野菜にはミネラルや食物繊維が多く含まれており、緑黄色野菜だけではカバーしきれない栄養を補うことができます。どんな野菜の種類かが分かりましたが実際にはどのような原料が使われているのかと言うとまず青汁と聞くとイメージされやすい「大麦若葉」です。どの会社もメインとしている原料としてご存知の方も多いとは思いますが、大麦若葉の主な栄養にはビタミンB1・ビタミンC・ビタミンE・βカロテン・カルシウム・食物繊維・カルシウム・鉄・亜鉛・カリウム・SODなどが挙げられます。どんな効果が見込めるのかと言うと、食物繊維が豊富なので便秘解消やダイエット効果が期待でき、デトックス効果・抗酸化作用など美容効果が得られます。次に「ケール」です。ケールの主な栄養にはβカロテン・ビタミンC・ビタミンE・カルシウム・食物繊維・メラトニン・ルテイン・フラノボール配糖体などが挙げられます。どんな効果が見込めるのかと言うと、トップクラスの抗酸化作用が期待されます。熟睡効果が期待できるメラトニンや、目を保護するはたらきのあるルテインが含まれています。またフラノボール配糖体は花粉症軽減効果が期待できます。さらにメラニンによる色素沈着抑制効果があるので美白を維持する働きもあります。青汁を飲むだけでこういった効果が一気に得られるため、人気を集めている健康食品だと言えるでしょう。