健康生活を始めたい人にオススメ!青汁で手軽に栄養補給

青汁の飲み方

女性

青汁を飲む際、一つ注意しておきたいことが説明書やパッケージに書かれてある1日の目安量を超えてはいけないという点です。また青汁は食物繊維を豊富に含んでいるため、体質によってはお腹がゆるくなる場合もあります。そんな時は目安量よりも少ない量で自分にとっての適量に調整しましょう。目的別に飲むタイムングを調べてみると、栄養補給が目的の場合は朝起きてすぐがオススメです。睡眠中の身体は思っている以上に汗をかいたりエネルギーを消費しているため、目覚めたばかりの身体は栄養をとても吸収しやすい状態となっています。そのため、朝起きてすぐに青汁を飲むと体内に野菜の栄養素が行き渡りやすいと言われています。次にダイエットが目的の場合に青汁を飲むタイミングは食事前に飲むのオススメです。食前の空腹時に食物繊維が豊富な青汁を飲むことで、満腹中枢が刺激され食べ過ぎを防ぐことができます。さらに血糖値の上昇もゆるやかになるため、GI値(体内で糖に変わり血糖値が上昇するスピードを計った数値)が低い食べ物を摂った時と同じような状態を作ることが可能と言われています。次に便秘を解消したい場合に青汁を飲むタイミングは就寝前に飲むのがオススメです。ただし青汁には食物繊維が含まれているため、消化のために腸が動いてしまいます。腸の動きが気になって眠れなくなったり、時には気分が悪くなる場合もあるので注意が必要です。睡眠に影響が出る場合は、飲む時間帯をずらすといいでしょう。また飲みやすいと言われている青汁ですが、どうしてもそのまま青汁を飲むのが苦手と言う方にオススメの飲み方があります。まずは「青汁と牛乳」です。青汁独特の青臭さや苦味が緩和され、抹茶ミルクのような味になります。また牛乳に含まれるタンパク質やカルシウムも一緒に摂れるため、お子さんにもオススメの組み合わせです。ハチミツなどの甘味を加えると、さらに飲みやすくなります。次に「青汁と豆乳」です。豆乳には植物性タンパク質をはじめビタミンE、B1、ビタミンK、葉酸、鉄分などの栄養素が含まれています。栄養素が豊富な上に牛乳と比べてカロリーが低いことから女性に人気です。さらに「青汁・豆乳・きなこ・ゴマ」の組み合わせは、美容効果も期待できると言われています。次に「青汁とフルーツジュース」です。フルーツの甘さで飲みやすく、グリーンスムージー感覚で取り入れられる組み合わせです。どのフルーツでも比較的相性が良いことから、自分好みの味にアレンジすることも可能です。フルーツの糖分と酸味で口当たりもすっきりするので朝の1杯にオススメです。最後に「青汁とヨーグルト」です。程良い酸味とまろやかな風味のヨーグルトが青汁の苦味や青臭さをカバーしてくれるため、意外なおいしさが人気の組み合わせです。デザート感覚で青汁を摂ることができます。自分に合う飲み方を試してみて長期に渡り続けれる飲み方を見つけましょう。